読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「あさイチ」を見て知った、”若旦那”ブーム。GW、温泉に行こうか。

今日の「あさイチ」の話題です。

 

福島県土湯温泉の若旦那五人衆を取り上げた『若旦那図鑑』は大人気。五人衆、みなさんのお名前は、ジュリアン(本名だそうです)、リオ、アキラ、トモヒロ、ツヨシ。5人でいろいろ楽しいサービスを考えていらっしゃるそうです。

 

matome.naver.jp

 

のど自慢の若旦那は、お客さんとカラオケで歌ったり、別の若旦那は、お菓子作りが得意な奥様のクッキーを振舞ったり、それぞれの若旦那が、持ち味を生かしたサービスは好評のようです。

  

これまで、温泉旅館といえば、女将さんや若女将が顔でした。その陰に隠れていた「若旦那」にスポットが当たって今やブームです。土湯温泉も、昨年度16万人から17万人へお客さんが増えたとのこと。ゲストの室井佑月さんの「何でもやってみるもんですね」というコメントの通り、全国の温泉地に集客、特に女性客のためのサービスが広がっています。

 

こんなものもあります。

 

www.facebook.com

 

レジャー白書2014』によると、

「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,590万人)が、3年連続首位となり、レジャーの代表格として定着した。

 

公益財団法人日本生産性本部 - レジャー白書2014 〜11年ぶりに余暇市場が増加〜

 

温泉は今、「時代のトレンド」とアナウンサーがおっしゃっていました。旅の主役も女性になったということで、イケメン若旦那と女性客へのサービス充実は、集客アップへの必要条件のようです。

 

宮崎県の青島温泉、長崎県の平戸温泉、大分県別府温泉の女性客プランがちょっこと紹介されていました。

 

わっ、3つとも行ったことある。 

 

温泉に入ることを目的とするよりも、その土地の方言を聞くことの楽しみと、朝夕の上げ膳据え膳、和食の充実がなによりも嬉しく、そういうところは温泉旅館が多いので、温泉に行くという感じです。高級旅館でなくとも、そこそこ日常よりは十分贅沢です。

 

イケメンの若旦那は、いてもいなくてもどちらでも…。

 

今年の大型連休は、出かける余裕がないので、どこにも行かないと決めていましたが、1日ぐらい、なんとかして温泉行ってみよっか。あまり遠くなく、お高くなく、人も多くなく…この3つの条件が当てはまるところ、探す方が難しいな。

 

早速本屋さんに行って、旅雑誌から探してみましょうか。