読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第21話「還るべき場所へ」ビスケット!!!

ビスケットが死んじゃった!?

 

火星に帰りたかったのに。

 

ストーリーとしては、予想できる内容だったけれども、王道すぎて、それが哀しい。

 

予想外だと、裏切られた思いでかえってがっかり感が生まれるけれども、どこかホッとするのに。

 

先週第20話から、鉄華団を抜けて早く火星に帰りたかったビスケット。ビスケットには、三日月やオルガとは違う背景を持たせている。

 

火星に残している家族やとうもろこし畑。彼には、貧しくとも、愛や育てる対象があった。兄との再会はつらく悲しいものだったけれども、まだ救われる場所が待っていた。

 

そんな彼を小さい頃から頼りにしていたオルガ。どうしても残ってほしいはずだけれども、ビスケットの幸せも考えている。

 

話し合いを先延ばしにした途端に、ビスケットの命は失われてしまった。

 

これが、これまでのガンダムの切なさの一つだ。

 

私は恋愛物にそうキュンキュンしないけれども、ガンダムにはギュウギュウ胸を締め付けられる。

 

ああ、悲しい。

 

つらい。

 

お気に入りのアイン・ダルトンは、どうも阿頼耶識システムで生き返りそうな雰囲気だ。

 

番組が始まったころは、あらやしき? はあ? という感じだったが、「阿頼耶識」という言葉そのものに着目して紹介しているサイトも出てきて、はは~ん、ふむふむと思えるようになった。

ビスケットはすでに阿頼耶識システムを埋め込まれている。(こういう表現でいいのかどうかはわからないけど)

 

ビスケットは本当に死んじゃったの!?

 

来月で一旦終了する。終わり間際に死闘が待っているのだろうか。来週も楽しみにしよう。