読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

ゆるいゆるいゆるい「低糖質ダイエット」を始めて5か月。順調!

気になること

             f:id:naorhythm:20160702003025p:plain

 

「低糖質ダイエット」をしていることを忘れるぐらい、この頃は生活の中で自然になっています。体重は、ゆっくり減り続けて、2月から-7㎏。7㎏痩せても、顔、首、手足、見た目は以前のままです。体重計だけが痩せたことを示しています。

 

でも、先月、ようやく「痩せた?」と言われました。一人の女子がやっと気づいてくれた!ふふふ。

 

標準体重から理想体重になりました。美容体重まで体重は落ちていくのでしょうか? あと-1㎏。このままだと、9月までには達成できそうです。

 

 標準体重=身長(m)×身長(m)×22

 理想体重=身長(m)×身長(m)×21

 美容体重=身長(m)×身長(m)×20

 

フルタイムの仕事を辞めてから太り始めました。3食の食事時間が規則正しくなり、ストレスからも解放されたこととともに、緊張感のない毎日とほぼ体を動かさない習慣の連続から、気が付けば、春の洋服が全く入らないことに仰天したのが今年の2月でした。運動をしないで、甘いものをやめて、パンを食べない生活が私にできるだろうか・・・。糖質ダイエットが話題になっていたこともあり、とりあえずゆるく試してみようと思って始めたら、効果はすぐにあらわれました。

 

1週間、2週間、あらあら、減ってる!!! しかも、ローカボ食品は意外に手に入りやすく、美味しいので、私にとっては我慢や苦痛がほとんどありませんでした。目標も太る前に戻すことを考えて、現実的な数値目標を-3㎏にして(理想は-5㎏)週末はそれまで通りの、ローカボにはとらわれない食生活をしてもよいことに決めました。

 

ゆっくりゆるく、本当に目標達成です。服のサイズが大幅に変わったわけではありませんが、腰回りやヒップ回りにゆとりができ、服をストンと着ることができます。余計な引っかかりがない!!! 階段の昇降も楽になり、足裏の痛みも少なくなりました。

 

炭水化物を極端に抜くことはそもそも考えになかったので、1食分の料を2/3にしたり、3食のうち1食を抜いたりということを繰り返しています。アイスクリームも大好きで、この前までは糖質カットのアイスを選んでいましたが、このごろはもう気にしていません。それでも、ちょっとずつ体重が減っています。

 

これから気をつけることは何でしょうか。

 

元の食生活を振り返ってみると、主食は明らかにパン、パスタ、うどん。野菜もお魚もお肉も大豆製品も、炭水化物の摂取量からすれば足りなかったと思われます。それが、今は逆転しています。当分、グルテンはあまり多く摂取しないように続けていきます。

 

5月、6月と環境は最悪。絶対絶命のピンチを何とか回避するために奔走する毎日です。踏ん張りと踏ん切りを同時に行っている、そんな状態です。7月の始まりもめっちゃ大変でした。そんな中、体重だけが、順調。ゆるくゆるくゆるく焦らず・・・これが上手くいったコツかもしれません。7月は少し気を緩めたいと思います。