読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

雪が積もって、ふと真面目に思ったこと。

気になること テレビ お題 季節

f:id:naorhythm:20160121184303j:plain

お題「雪」

お題スロットを試してみました。

 

雪が降って、外は寒くて、こんな日に学校じゃなくってよかったと心底思いました。(非常勤で行っている大学の授業日ではなかったので)

 

てっきり近くの小中学校も休校になっているとばかり思っていましたが、ちょうど中休みの時間なのでしょうか。キャッキャ楽しいそうな子どもたちの声が響いてきます。どうも雪合戦の模様・・・えっ、学校あったの!?

 

高校や大学だったら、生徒や学生が通ってくるエリアが広いので、交通機関等の兼ね合いもあり、例えば午前7時の段階で警報が出ていたら、午前10時から1限目にする、午前10時までに解除されなかったら、1日休校にするというような対応をします。

 

ちなみに、先生は出勤です。警報が出ていても行かなければなりません。警報が出ていたら、休校だよと前日に連絡していても、うっかり学校に来ている生徒も必ずいます。そんな生徒への対応もありますし、休校にした日の分をどこで補うかなども速やかに決めなければなりません。授業に行かない分、溜まっていたデスクワークを一気に片づけます。

 

20日朝、大雪に見舞われた場所でTVの中継があり、そこに来合わせたお母さんと男子小学生にインタビューをしていました。男子小学生は、雪のためにテンションが上がっていたのか、何度か繰り返して母親のミスをアピールしていました。

 

僕だけが学校へ行ったじゃないか・・・カッコ悪い、そんな気持ちでしょう。お母さんが休校のお知らせが出ていた学校のHPを見なかったんだと訴えていました。お母さん、うっかりでしたね。

  

高校の教師を辞めた今頃になってふと思ったのです。こんな日ぐらい、学校、お休みしてもいいんじゃないのって。

 

近所の小学生もそうです。かつて勤務していた学校の高校生もそうです。かつての私もそうです。学校へは行くものだという大前提があって、何の疑いもないのです。たとえ大雨でも大雪でも、休校でない場合は、交通機関の遅れにイライラしながら、びしょびしょになりながら、寒さに震えながら、学校へ行くのです。

 

そんな思いをしてまで通う学校には何があるのか? うーん、うーん、うーん、うーん、うーん・・・

 

ーーわかりません。

 

友だちがいるから? 授業が進むから? 行かないと怒られるから? 家に居ても何もすることがないから? 世間体があるから?

 

シンプルに、学校が好きだから!!! と言い切れるのは、何年生ぐらいまでなのでしょう。

 

雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、そして雪ニモ負ケズ頑張って学校へ来た日には、いつもよりもっと楽しいことがあるのかな。小学生、元気だ。その声を聞いていると、今頃になって、「小学校の先生もいいなあ・・・」なんてふと思っている自分に気づきました。

 

先生が雪合戦で雪まみれになって転げまわっていっしょに遊んでくれる・・・そんな学校はきっと楽しい!の種がたくさんある学校です。近所の小学校から子どもたちの笑い声が聞こえてきます。

 

もしも、私が小学校の先生だったら・・・さすがにもう自身の職業として選択することはないけど、小学校の先生になりたい学生さんに、なんとしてもいい先生になってもらうために、真剣に向き合わなくちゃな・・・

 

あれこれ考える時間を作ってくれた雪の日でした。