読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

夜、寒くなってきました。湯たんぽ、愛用しています。

お題 季節

今週のお題〉「愛用しているもの」

11月になってから、湯たんぽを使っています。普通サイズ2個、小1個、計3個を所有しています。

 

湯たんぽ歴は、6年ぐらいです。

 

夜、寝る1時間ぐらい前に、普通サイズ1個をベッドにもぐりこませます。

 

ポリ製湯たんぽを使用しているので、お湯の温度は80°ぐらい。湯たんぽにカバーをつけています。寝る時は、湯たんぽはベッドから出します。ほどよくぬくぬく・・・。すーっと眠りにつくことができます。

 

かなりの寒がりです。底冷えの夜もあります。雪が降る日もあります。午前2時ぐらいの真夜中に寝ることもあります。そんな夜は1個では足りません。足元の他、腰または背中にあたる部分にも1個。真冬は、湯たんぽ2個使用で乗り切ります。

 

大活躍している湯たんぽは、無印良品の一番小さな湯たんぽ。A4のカバンの中に入るサイズ感と、カバーの色、手触りがよく、気に入ってます。

f:id:naorhythm:20151104211452j:plain

 

小さな湯たんぽは、机で仕事をするとき、イスと体との間に入れたり、膝の上に置いたりして、冷え対策としてよく使っています。車の運転時も同じように使っています。さらに、この小さな湯たんぽは、スポーツ観戦にも大活躍です。カイロも手頃ですが、4つ5つ貼っても、寒い・・・。サッカーの応援などによく連れていきます。

 

ただし、湯たんぽを使用するときに、注意しなければならないのは低温やけどです

 

心地よいと感じる温度は、体温より少し高い温度だそうです。熱いものに接触している皮膚の温度が44°Cならば、やけどになるまでの時間は3時間から4時間。対策としては、

・湯たんぽは厚手のタオルや布でくるむ(あくまでも低温やけどになるまでの時間が長くなるだけで、防止にはならないそうです)

・寝具が暖まったら出す

・同じ部位にずっと接触しないように位置を変える

 

・・・気をつけます。

 

昨年から気になっているのは、ドイツの湯たんぽです。 

fashy フリース湯たんぽ 2.0L Berlin レッド O80000

fashy フリース湯たんぽ 2.0L Berlin レッド O80000

 

形が水枕みたい・・・。説明に、「水枕として使えます」とあります。夏、寝苦しい夜にも使える! 

デザインもいろいろ。4つめの湯たんぽとして購入を検討します。

 

湯たんぽはお湯を沸かすだけ。もう手放せません。

 

 

 

 

立つ湯たんぽ 2.6L 袋付き オレンジ

立つ湯たんぽ 2.6L 袋付き オレンジ