読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

ラブレターなら400字でいいのに・・・2000字ぐらいの文章に苦しんでます

f:id:naorhythm:20150918000610j:plain

これぐらいの文字数、ちゃらっと書けて当然という目で見られてきました。求められたらそれに応じてきました。

 

しかし、意外に2000字は、中途半端です。A4(40×30  1200字)の設定を自分の基本としていますが、両面でぺらっと1枚です。表1200字、裏800字・・・なんてことないのに、嫌いなんですよ、2000字は!まとまらなくって。

 

構成はオーソドックスでないといけません。タイトルはざっくりと、しかし固定されています。自由度があるようで、ないパターンを書いています。

 

書いたところで、金銭が発生するものではありません。しかし、私個人が判断されてしまいます。自分がおバカであることは、決して見せられません。重要書類なのかと言えば、結構重要です。

 

もう、時間がないのに。何やってんのよ、わたし・・・

 

実は、非常に手間の掛かる書き方をしてしまう癖を持っています。案を3つぐらい作らないと気が済まないのです。800字から1200字ならば、そんなこと、しません。小論文の構成で、序論・本論・結論の三段構成でスッキリ。A4で8~10枚の場合は、2枚目までは、やはり3通りぐらい、案を作ってしまいます。けれども、後をたったと書き続けていかなくてはならないので、1本に絞っていくことができます。

 

だから2000字は、ドツボにハマる字数なんですって。2000字でいいのに、もう6000字分書いているから。30分で終わらせるつもりだったのに。

 

今、取り組んでいる文章は、

・自分が相手のことをどれだけ理解しているかを知ってもらわなくてはならない。

・勝手気ままには書くことができない。

・誠実さが求められている。

・他者からの評価が絶対である。

・受け入れられたら、第一段階はめっちゃHappy

つまり、相手に気に入ってもらえなければ、何にもならない文章なのです。これって、ラブレター!?

 

そうか、ラブレターを書いていると思えばいいのだ。ただ「好き」って伝えればいいんだ。

 

でも、こんな気になる記事がありました。

 

400文字がベストです。これはまとまりがあって誰もがうまく書ける文字数なんですよ。ラブレターに限らず、どのような文章にも言えます。あとワンセンテンス(=一文)は30文字で収めるとよいでしょう

 

言語分析家の福田真さんという方のアドバイスです。ちなみに、一文30文字というのは 、

 

相手のことが好きなら好きな分だけ、短いほうがいい。長くなると、思いがこもりすぎてしまうんです。送られる側の立場に立ったときに、あまり好きというわけでもない相手に熱烈に迫られてもうっとうしいだけですよね

 

ラブレターなら400字でいいのか…。ちょろいな。

 

今私は、◯◯が好きだ!という少々恥ずかしい文章を、2000字も書き連ねています。ラブレターなら5枚分やし、しつこいな。しかも、3人分。でも、相手に選んでもらえるように、思いが伝わるように、もちょっと頑張ってみます。

 

気持ちが伝わる! デキる女の「書く力」

気持ちが伝わる! デキる女の「書く力」

 

 

 

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)