読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

限定につられてーーエッセイと珈琲と。

言葉

又吉直樹さんの著書をまだきちんと読んだことがなかったので、コーヒーも飲むことができるし、エッセイも読めるし、しおりもついてるからさっそく手に入れました。

 

 

17cm✕5cmぐらいで、意外に大きめのしおりです。

f:id:naorhythm:20150729121336j:image

 

「深い珈琲エッセイ」9話のテーマです。1話400字程度です。

1.君と同じ味にはならない 

2.懐かしいコーヒーカップで出された

3.飲み終えたら帰らなければならない

4.珈琲をお代わりする時、物語は佳境に入る

5.行けなくなった喫茶店

6.珈琲だけが側にいた夕暮れ

7.夏の蝶とアイスコーヒー

8.これを飲んだら泣こう

9.すべての風景に珈琲はいた

 

短いので、あっという間に読むことができます。文字数が少ない文章ほど、簡潔に言いたいことをまとめて、内容も完結させることは、難しい・・・

 

いたってありきたりな結末なのに、あり得ない設定で始まって、わざわざまわりくどい表現でごたごたしているような小説が、苦手です。読まず嫌い…にならないように、手に取りますが、なかなか購入までには至りません。

 

又吉さんのエッセイ。同じテーマに基づく短編9話、どれもこれもシンプルで、読みやすかったな。9話の中で、気に入ったのが以下の3話です。

 

f:id:naorhythm:20150729121404j:image

 

特に、「飲み終えたら帰らなければならない」のラストが…効いています。 

 

初又吉作品は、エッセイにしよう。早速、注文しました。 

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

 

  

東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

 

 

これを書いている時に、テレビで流れていたのは、宿題代行業の話題・・・夏休みの宿題の嫌われものの読書感想文は、依頼のトップです。読書感想文の書き方については、また今度。