読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

佐賀県がロケ地。タイの映画「タイムライン」が素敵だ。

たまたま「スッキリ!!」を観ていたら、佐賀県祐徳稲荷神社を紹介していました。何の話題だろ?

 

 

f:id:naorhythm:20151230192604j:plain

 

 

 

祐徳稲荷神社 - 神社ご案内 - ご由緒・ご祭神 を参照すると、祐徳稲荷は、貞享4(1687)年、肥前鹿島藩主鍋島直朝公の婦人花山院萬子媛が朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社で、衣食住の守護神。日本三大稲荷(3つのうち、伏見稲荷以外の残りの2つは諸説があるようです)参拝者は年間300万人。「祐徳さん」と親しまれている神社です。

 

佐賀県?九州で唯一行ったことのない県だな。祐徳稲荷神社も知らなかったな。

 

今、サガは、タイの方々に人気のある観光地で、ブームになっているとのこと。

 

その背景にあるのは、この映画。 

www.youtube.com

 

流れてくるこの曲、沁みる…。大学の教室での彼女の表情が好きだ。

 

タイでは大学生が制服を着ます。といっても、大学ごとにデザインの違うものではなくて、女子大生は、トップスが白シャツ、ボトムは黒のスカートです。みなさん、とってもスタイルが良くって、とにかく、ミニ、タイト。バンコクの大学を訪問した時も、色に制限はあるものの、シルエットの違いやベルト、靴で自分の個性を出しているように思いました。イラストがあります。↓

bangkok.coconuts.co

 

もう少し…観たい。紹介している動画ないかな。あっ、もう一つあった…。 

www.youtube.com

 

こっちが先?前篇男子バージョンと後篇女子バージョン。手紙のやりとりを軸に、ストーリーのある宣伝なんだ。挿入歌もそれそれに合わせて、男性の歌、女性の歌。大学生役の男子も女子もキュートです。

 

でも、タイ語がわからないな…。英語字幕のあるものがあった。

www.youtube.com

 

「紙の月」「ベイマックス」「寄生獣」「劇場版『進撃の巨人』前編 紅蓮の弓矢」などが上映されていた東京国際映画祭にも参加していました。あらすじはここ↓に紹介されています。

2014.tiff-jp.net

 

この映画は、タイで大人気になって、主演女優トゥーイ・ジャリンポンさんは、タイのアカデミー賞といわれるスパンナホン賞で、最優秀主演女優賞を受賞しました。ストーリーの中で、映画の彼女の留学先が「サガ」だったのです。祐徳稲荷神社もロケ地となり、映画を見た人が、「サガ」に魅力を感じて、観光にくるようになったのです。

 

たまたま、「サガ」?そうではなく、佐賀県の戦略でした。番組でも、県の担当者が「『サガ』って何?食べ物?人の名前?って言われました。2013年7月からビザが緩和されることを機に、誘致活動を考えました」と、おっしゃっていました。決定前の候補地は、佐賀とニュージーランドだったそうで、映画製作の方から、「誰も知らない漁港があるか?」と問われ、「『あります。あります』と答えました」と、知名度の低さが功を奏した形で、決定。

 

 

グローカル化の一つの例でしょうか。どちらかと言えば、佐賀県よりもタイの方に接点があり、気になった話題ですが、映画も全編観てみたい、そしたらロケ地になった佐賀にももっと行きたくなるだろうな。

 

 

 

佐賀あるある

佐賀あるある