読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「アメトーーク」読書芸人、又吉さん、光浦さん、若林さんのお薦め本

テレビ

6/18夜、たまたまつけていたテレビから、注目していた又吉さんが出ていたので、何の番組?と思っていたら、「アメトーーク」でした。読書芸人さんと呼ばれるお三方が、お薦め本を紹介してくれるのね。基本、10冊ということでしたが、又吉さんは13冊。ほんとはもっと紹介したい本、あるのではと推察しつつ、どのような本がでてくるか、番組を追いました。

 

これを書いている間に、又吉さんが、今年前半の芥川賞候補になったとのニュース。彼は作家さんだ。

 

 

ピース又吉さんのお薦め13冊

『香水 』 パトリックジュースキント

 香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

 

 『コインロッカー・ベイビーズ』 村上龍

 新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

 

 『コルバトントリ』 山下澄人

 コルバトントリ

 

『長嶋少年』 ねじめ正一

 長嶋少年 (文春文庫)

 

『笑うな』 筒井康隆

 笑うな (新潮文庫)

 

 『月の砂漠をさばさばと』 北村薫

 月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)

 

 『人間小唄』 町田康

 人間小唄 (講談社文庫)

 

『赤頭巾ちゃん気をつけて』 庄司薫

 赤頭巾ちゃん気をつけて (中公文庫)

  

『熊野曼荼羅』 堀本裕樹

 熊野曼陀羅 

 

『沓子・妻隠』 古井由吉

 杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)

  

『庶民列伝』 深沢七郎

 庶民烈伝 (中公文庫)

 

『漁港の肉子ちゃん』 西加奈子

 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

 

『こちらあみ子』 今村夏子

こちらあみ子 (ちくま文庫)

  

光浦靖子さんのお薦め10冊

『ふくわらい』 西加奈子

 ふくわらい

 

『自分を好きになる方法』 本谷有希子

 自分を好きになる方法 

 

『グロテスク』 桐野夏生

グロテスク 

 

パンク侍、斬られて候』 町田康

 パンク侍、斬られて候 

 

ノラや』 内田百閒

 ノラや (中公文庫) 

 

『八日目の蝉』 角田光代

 八日目の蝉 (中公文庫)

 

『不道徳教育講座』 三島由紀夫

 不道徳教育講座 (角川文庫)

 

『日本探偵小説全集』 夢野久作

 日本探偵小説全集〈4〉夢野久作集 (創元推理文庫)

 

『 わが性と生』 瀬戸内寂聴

 わが性と生

  

若林さんお薦め10冊

『教団X』 中村文則

教団X

 

『私とは何かー「個人」から「分人」へ』 平野啓一郎

 私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

 

燃えよ剣司馬遼太郎

 燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

 

『サラバ!』 西加奈子

 サラバ! 上

 

『強く生きる言葉』 岡本太郎

 強く生きる言葉 

 

『何者』 朝井リョウ

 何者

 

『すべて真夜中の恋人たち』 川上未映子

すべて真夜中の恋人たち

 

『映画小説集』 村上龍

 村上龍映画小説集

 

『夢を与える』 綿矢りさ 

 夢を与える

『教養としてのプロレス』 プチ鹿島

教養としてのプロレス (双葉新書)

 

本の装丁を見るだけでも楽しい。

 

3人に共通で選ばれた作家さんは、西加奈子さん。若林さんは、「30代のくずを救えるのは西加奈子さん」とおっしゃってました。さらに、「お薦めの本と言われて、肛門を見せてっていわれるぐらい恥ずかしいことだ」とも。

 

確かに。自分の嗜好を他人に知られることになってしまうな…。さらけだしたくない部分。肛門になるか、何になるかは人によってたとえが違うとは思いますが…。

 

これだけのお薦め本の中で、読んだことがあるのは、2冊のみ。

 

紀伊國屋書店新宿本店では、今回のお薦め本の特設コーナーがあるそうです。お天気がぐずぐずだけど、行ってみようか…。

 

 

火花

火花