ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「カラオケ☆バトル」は、もはやアマチュアの域ではないですわね。

つけっぱなしのTVから、「さあ、何点?何点?何点?」という声。

 

小数第三位の点数から発表のあと、十の位の数字がオープン。最後に一の位がゆっくり示されるというしくみです。カラオケマシンはLIVEDAMです。

 

出てくる人、出てくる人、それがね、ほとんどがですね、96点以上なんですよ。みなさん、アマチュアなんですって。たまげます。

 

中には、大学生で、地元でアマチュア演歌歌手として活躍されている方、すでにファンがいて、ボイストレーナーをしていらしゃる方…ええー、99.365点、ひゃー。負けた方は98点台の方でした。何、このバトル!?歌ウマ大会らしく、かなりのハイレベルです。

 

A~Cブロック、3ブロック、各4人から点数の一番高い人が決勝に進みます。

 

坂本冬美さんも出場したことのある歌の大会で、3000人の中から優勝したダンプ運転手の女性は、「好きになった人」を歌って、ゲストから大絶賛されていました。声はコロラトゥーラソプラノでオペラも歌えるとのコメント。97.025点です。このCブロックには、かつてプロとしてデビューした男性も出場。98.961点。次は民謡歌手、奄美民謡独特の裏声による歌唱法「グイン」で「島唄」を歌いました。95点台で高得点ですが、敗退です。

 

奄美グインで、この番組でもおなじみの方がこちら。 

matome.naver.jp

裏声を使う民謡は、世界広しといえど、アルプス地方のヨーデルと奄美の島唄のみとされる。

 

見逃していたAブックの1番の方は、せびっちゃマンボさん。なんと100点300曲の、最強カラオケマニアとのこと。はあー、100点!?300曲!?どうすれば、そんな点数がとれるのかしら。

 

どんな歌声なの、どんな人なの、何を歌うの、どんな技を使うの、興味津々。何、何、せびっちゃオペラモード???

 

決勝です。Aブロックのせびっちゃマンボさんは、大川栄作さんの「さざんかの宿」。全く演歌には聞こえません。Bブロック前回王者の林部智史さんは、松田聖子さんの「あなたに逢いたくて」を選曲。彼は、女性の曲、キーが合うのですね。Cブロックは最上谷敬一さん。クリス・ハートさんの「I LOVE YOU」。声が甘くて耳に心地いい。歌うま王は彼かな!?

 

さあ、歌うま王は…99.468点、99.644点、97.533点…。まあ、なんという戦いなんでしょ。歌うま王は、前回王者の林部さんでした。

 

カラオケの点数、まるで、陸上競技や水泳の短距離のようです。零コンマいくつの勝負、しのぎを削る、シビアな世界。娯楽番組だけれども、白黒はっきりつけます。これを見て、「私も出たい」と言えるレベルは、97点以上だな…。

 

審査員が点数をつけたり、協議で決定したりする番組とは違って、カラオケ採点マシンを使っているので、判断基準がある程度示され、誰にも明確です。機械の採点基準に合う歌い方をすれば、高得点も可能との見方もあります。

 

決して番組に出たいわけじゃないんですが、自分がどれぐらいのレベルなのか、点数評価になじんできた世代なので、ついついLIVEDAMの精密採点DXにむきになってしまいます。カラオケに行くなら、LIVEDAMじゃなきゃ嫌だ!なんて、まんまと取り込まれてます…。

 

そう言えば、最近、カラオケ、行ってないし、連休中、1日は温泉で、1日はカラオケもいいな。この前は、94.382点が最高だった。よし、とりあえず、95点ごえを目指します。

  

LIVE DAM 精密採点DX 徹底攻略!! ボイストレーナーとカラオケチャンピオンが教える  カラオケ上達最強テクニック これであなたも10点UP!! (<DVD>)

LIVE DAM 精密採点DX 徹底攻略!! ボイストレーナーとカラオケチャンピオンが教える カラオケ上達最強テクニック これであなたも10点UP!! ()