ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「マッサン」最終話、「蛍の光」…もう、泣く!!

残り2分ぐらいで、どんどん回想のシーンが出てきます。


これまでの長いマッサンの人生が、まるで一瞬だったかのような、そんな描き方でした。


若いマッサンとエリーが、二人で手を繋いで駆け抜けている映像で終わりました。爽やかすぎて、泣けてきました。


最後の最後、放送最後に、国際結婚をされた一般の方々のお写真が写しだされるのですが、今日は、玉山、シャーロット版亀山夫妻。


また、泣かせるんだから、もう…


エリーが亡くなる前に、マッサンにあてたラブレター。彼女の香水が吹き掛けられていました。彼女の匂い、マッサンの表情がたまらなく愛に溢れていました。

 

シンプルで深い夫婦愛に、こうありたいと思わされ、結婚っていいものだと素直に感じた一週間でした。


普段、愛とか恋とか、かなり淡泊な体質の私に、なんだろ、押しつけられない、しみじみとした人を思う気持ちを見せてくれたドラマでした。

 

「マッサン」という題名に拒絶感があって、しかも、外国人ヒロインで、どんな内容になるのか、興味がわかなかった、始まったころの2週間ほどの展開が、今になってとっても気になっています。

 

大好き「マッサン」ファンブック

大好き「マッサン」ファンブック

 

  

再放送や再編集を楽しみにしてます!

 

Auld Lang Syne (蛍の光)~エリーVer.~

Auld Lang Syne (蛍の光)~エリーVer.~

  • 富貴 晴美
  • サウンドトラック
  • ¥250