読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「Gのレコンギスタ」に悩まされています。もやもやするまま終わりそう…

第24話。終盤になって、人が死んでいきます。もやもや…。アメリア軍総監であるアイーダの父グシオン、バララちゃん、ドレット総司令。もうここまできたら、みんな誰も死なないで、明るく終わってもいいんじゃないでしょうか。

 

バララちゃんの大型モビルアーマーユグドラシルのテンダービームはかなり斬新でした。生き物ですね。緑色の、何本もの植物のつるのようなものが、カーブを描いて伸びていきます。ピラミッドのようなユグドラシルも簡単にG-セルフによって撃破されます。

 

G-セルフは最強。ピンチがない。ベルリ君はパイロットとして成長できているのでしょうか。もやもや…

 

バララちゃんの、仕事のできる女と思われたかったというセリフも、マニィちゃんへの嫉妬から。そう思わせたのはマスク。マスクは公私混同。仕事ができる男ではありません。マスクのどこがいいのよ。もやもや…

 

マスクは、ベルリ君に嫉妬。トワサンガ名家の出身、飛び級生。明るい将来が約束されています。自分にないものを持つ者への嫉妬を、攻撃し、倒すことで満足させようとしています。でも、マスクさん、あなたは自分の力が及ばないことぐらい、わかっているでしょう!?。え、まだ、わからないの!?もやもや…

 

アイーダ姫様は、カーヒル大佐を死に追いやったベルリ君に対して、気にしないでいいように告げます。ベルリ君の心の傷を姉として思いやってのセリフ。今回は、アイーダ姫様に、ようやく姫や姉としての自覚が出てきたことを見せるシーンが多かったように思います。もう、姫様はポンコツではない。もやもや…

 

ところで、ベルリ君、何のために戦っているの?どこへ向かおうとしてるの?すべて身近な人のこと、自分のことのためが中心で、ストーリーもあっちでこちょこちょ、こっちでこちょこちょ…。人類が、地球が、宇宙が、といったような壮大なものを背負って、悩み、苦しみ、分かり合おうとすると展開がないと、もやもやしたままで、このままでは燃焼できないのであります。