読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

言葉のセクハラをしたあなた方の姿が滑稽に見えます

結婚もせんでこんな所で何してんの。親泣くで

 

「結婚もせんで」結婚することは女性にとって当たり前という価値観

「こんな所で」管理職をしている自分の職場を卑下する卑屈さ

「何してんの」仕事をしている部下がわからないことを自ら表明する勘違いぶり

「親泣くで」余計なお世話

 


「結婚もせんで」言葉のセクハラ、最高裁判断へ (読売新聞) - Yahoo!ニュース

 

2審では男性側が逆転勝訴したが、

なぜ?へっ?わからんわ~!?2審?男性側逆転勝訴?まだ、日本ってこんな感じなん?

 

書面審理中心の最高裁が弁論を開いたことで、結論が見直される公算が大きい。

 

体への接触に比べて軽く見られがちな「言葉のセクハラ」

 

パワハラが背景にある言葉のセクハラで最低最悪

 

訴訟で問題になっているのは、大阪の観光施設運営会社で管理職だった40歳代の男性2人が、部下の女性2人に対して発した言葉だ。

 

40歳代の男性2人…『壊れる男たち』ですか?

 

「夜の仕事とかせえへんのか?」「男に甘える方がいいで」などの発言や、露骨に性的な表現を使った発言もあった。

 

読んでいて、ムカムカする。

品がない。

あなたたち、カッコ悪い。

 

余計なお世話ですが、私があなた方の家族なら、こんな夫、こんな父親、やだ!

 

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)

壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)