読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「Gのレコンギスタ」に悩まされています。第14話からOPはレリゴーMay J.!

①大好きだったこれまでのOP「BLAZING」からMay.Jの「ふたりのまほう」にかわってしまいました。お気に入りのモンテーロも消えてしまいました。

 

はじめ聞いたとき、水樹奈々さん?とも思える歌声でしたが、GレコHPでのお知らせ通り、やっぱりMay J.さんでした。彼女が嫌って訳ではなくて、OPはガンガン行く方が好みで、メロディアスラインは苦手…。困ったわ。

 

②ちょっと待って。「ふたりのまほう」の「ふたり」って、誰のこと? 後半に来てペアの入れ替えでしょうか?

 

第14話はラライヤちゃんがトワサンガの人であったことが認知され、体調も良くいよいよ復活し、かわいらしさが倍増しました。これでG-セルフを軽々こなすシーンがあれば、まいっちゃいます。

途中のシーンでこんなやりとり。

アイーダ姫様:「ラライヤを好きなんでしょう?」

ベルリ君:「きちんと育てられた人じゃないですか!」

アイーダ姫様:「そうですね。」

あれあれ、いつの間に…。アイーダ姫様に恋をしたんじゃなかったっけ!?ベルリ君。

 

終わりの方で、ラライヤちゃんがベルリ君の名前を呼び、さらに「ラライヤ・アクパール」と名乗ったとき、思わずラライヤちゃんのほっぺを触りに行こうとします。まあこれまで、赤ちゃんのような扱いをしていたから自然な接し方でしょう。すかさずアイーダ姫様が、「はい、触らない!!」って。ベルリ君は学ばなくてはいけないことがいっぱいあるようです。

 

「ふたり」って、ベルリ君とラライヤちゃん!?

 

③マスクさんが性格邪悪に変わってきました。まともに戦う腕がないから「ここで暗殺をすればいいことでしょう…」なんて言っちゃうんですよ。「本気でドレッド艦隊を頂く気なのだ。」そうで、楽しみにしてます。

 

④第14話は「宇宙、モビルスーツ戦」だったはずですが、まだまだもの足りません。G-セルフは試作機であるにもかかわらず、ベルリ君が乗りこなしているから、もうすでに圧倒的です。もっと、何でしょう、息詰まる戦いを期待してます。

 

今回、耳に残ったのは、マッシュナー・ヒュームお姐さまの、

「世の中、手引書通りに行かないから、人間がいるんだ」

いつか、使うな、このセリフ…。

 

ガンダム Gのレコンギスタ  3 [DVD]