ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「Gのレコンギスタ」に悩まされています。第12話もマスク&マックナイフ

第12話になって、だんだんスピード感が出てきて、楽しくなってます。

でも、悩む…

 

①G-セルフがアサルトパックに隠れるのは嫌だ。ラライヤちゃんと同感。

メガファウナで、ハッパさんがアサルトパックをG-セルフに取り付けているシーン。

ハッパさん、大陸間戦争の経験者で、次の戦場がどうなるか想像してアサルトパックを準備してたのですね。長距離砲撃用、それは後半で正解でした。で、「大陸間戦争」ってなんでし たっけ?

この時、ベルリ君がアサルトのマニュアルを読むように言われて、

ベルリ君:「えっ、アサルトってボウコウって意味もあるんですよ。」

不覚にも、すぐ思い浮かべた漢字は「膀胱」…正解は暴行です。アサルトパックってどんなシロモノなのでしょう。

 

②「マックナイフ」「マスクさん」は相変わらず面白すぎ

バララ:軍艦は飛行機には勝てないの。

「マックナイフ」は「飛行機」なんだ!

クリム:成り上がりの軍隊に戦艦が沈められるものかよ。

クリム君、高笑いが少なくなって、しっかりしてきました。

 

しかし、マックナイフ、やっぱり品がなくって嫌だな。どこからミサイル出すのよ。小学男子の喜びそうな…滑稽だわ。滑稽と言えば、マスクさん。今回はなんとフィギュアスケートのスピンみたいにくるくるくるくるくるくる回って…。もう、つらいんですが。

 

③何気なくアイーダ姫様も排泄? 

G-セルフがG-アルケインに拿捕されたと見せかけて、アメリア軍が占拠したザンクト・ポルトに上がるとき、G-アルケインの中でアイーダ姫様、パイロットスーツのファスナー、上げましたよね。ということは、下げていたってことですよね。まさか、まさか。

 

次回は、月から金髪の男の子?女の子?がやってきます。ストーリーはそれぞれがそれぞれに好き勝手な立場を主張していますね。これから裏切りものがでたりでなかったりするのかな?…シリアスな展開を待ってます。

ガンダム Gのレコンギスタスイング アイーダ・スルガン 単品