読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

『Nのために』を読み終えてドラマをみた

ドラマ


インタビュー|TBSテレビ:金曜ドラマ「Nのために」

第1回、第2回ともドラマは原作を理解した上で、さらに深く描いていると受け止めました。配役、脚本は違和感がなく、ドラマ上の「高野茂」「高野夏恵」の存在が新たな「N」を重ねています。公式サイトの「高野茂」役の三浦友和さんもインタビューで語っていらっしゃいますね。

 

原作よりもドラマの「Nのために」の方が好きかも。終わりまでみないとわからないとはいえ、決して押し付けない、悲しくやるせない切なさは、何も突っ込みができなくなります。榮倉奈々さんと窪田正孝さんの演技力に魅せられます。

 

原作は、消化不良気味。別に明かしてもいいのではと思うような事柄に触れることなく終わります。ドラマに比べて淡々としてる印象です。これからドラマではどう描かれるかかえって楽しみです。

 

湊かなえ作品初のラブストーリー。愛がテーマ。その愛は「罪の共有」。

すみません。本を読んでも、それ、私にはわからないわ。

 

Nのために

Nのために