ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

「愛を強いる支配」というこわい見出し

論壇時評:朝日新聞 2013年12月19日

・朝日新聞を購読している理由は、大学入試の小論文のネタ探しと、「天声人語」が出題されることがあったからで、それが教師を辞めた今もただ続いているだけですが、時々驚くことばに出会ってしまいます。

 

・今日も、何だろな、神経を逆なですることばをわざわざ見つけてしまったことに、荒んでしまいます。

 

・「愛を強いる支配  ここは、DV国家なのか」作家高橋源一郎さんの文章が続きます。さーっと読んで目を斜めに移していくとちょうど真ん中に、

今年になって目立ったのは、様々な社会的「弱者」がバッシングを受けたこと(略)「子どもが生まれたら会社を辞めろ」という女性評論家があらわれたこと

 

・誰?検索したらすぐわかりました。「出産したらお辞めなさい」といった女性評論家。新書、売れてます。9月の話題だったのですね。前後の文脈がわかりませんが、危険で、暴力的なことばとして受け止めてしまいます。これ、もし会社で雇用者が言ったら、アウトですよね。法を無視した無神経なことばでもあります。

 

・「✖✖✖になったらお辞めなさい」……XXXにはいろいろなことばが入ります。なぜ、あんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ、と言い返したくなりませんか?

 

・もうすぐクリスマス、年末、お正月。タフでいよう、タフで。とがった内面は隠しながら。

 

新小論文ノート 2014―ベストの問題・解答例・解説集

新小論文ノート 2014―ベストの問題・解答例・解説集