読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

いづれの御時にか 

季節 和歌・短歌

石山寺 11月23日の夜

ライトアップされた紅葉

f:id:naorhythm:20131123194327j:plain

 

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜半の月かな

「 久しぶりに、偶然にめぐりあって見たのが、幼友達であったかどうかも見分けがつかないうちに、雲に隠れた夜中の月のように、あわただしく姿をかくしたあなたでしたよ」

 

石山寺は、紫式部ゆかりの寺として知られています。「めぐりあひて」は百人一首におさめられている歌です。(これは恋の歌ではありません。)

 

f:id:naorhythm:20131123190855j:plain

 

・紅葉もいいけど、私の本当の目的は…

 

f:id:naorhythm:20131123192808j:plain

紫式部が『源氏物語』の構想を思いついたと伝えられている「源氏の間」の、十二単衣の紫式部さんではなく、ロボットクリエイター高橋智隆さん作ロボットMURASAKIに会うこと。

 

・建物の手前のボタンを押すと、説明をしてくれます。「クロイノ」や「キロボ」は男の子だと思うのですが、MURASAKIは女の子のロボット。「いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり」と語ってくれます。

 

・参道には、五十四帖の名とその一文、画帖の一部を施した灯篭が並べられていました。

 

古典の教科書でおなじみの「若紫 」

f:id:naorhythm:20131123194505j:plain

f:id:naorhythm:20131123194452j:plain

 

・幻想的な雰囲気の中で、『源氏物語』に登場する、あの髭黒大将が、玉鬘との結婚を願って熱心に石山詣をしたことを思い出しました。 

 

ロボットの天才 (空想科学文庫)

ロボットの天才 (空想科学文庫)

 

  

史上最強のロボット (空想科学文庫)

史上最強のロボット (空想科学文庫)