ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

言葉

関東で関西弁を話すと・・・

今週のお題「方言」 得だなって思います。 1、研究室の外国人留学生がおしゃべりするのが楽しいと言ってくれて、関西弁でコミュニケーションをとりながら、盛り上がることができます。 2、お店に行くと、たいてい「あっ、関西?京都の方ですか? いいです…

Why am I crying?

詩的。羽生結弦選手のつぶやき。咄嗟に出た言葉がこれ。 Why am I crying? シンプルでグッとくる。ストレートでいい。短いフレーズ。たった、4単語。 思がけずあふれ出る。ポロポロ。うれし涙。 偶然つけていたTV。グランプリファイナルで、演技後のキッ…

ベッキーさんを女子高校生と見立てて、指導要録の所見を書いてみました。

どうでもいいと思いながら、ずっと騒動が続いているので、気になります。 初めに出たLINEのやりとりの後でも、彼女と一緒に仕事をしている芸能人は擁護していましたね。みんな、彼女のことを「いい子」だって。 記者会見でも、実家に行ったことはあっさり認…

小保方晴子さんの『あの日』を読もうかどうしようかためらっています。

じっと息をひそめてほとぼりが冷めるのを待つということは考えなかったのか。 研究者としての道は本当に閉ざされてしまったのか。 一体、何が起こっていたのか。 すでにいくつかのブログでその感想が記され、TVでも紹介されている。 「書き出しに掴まれる…

SMAPの騒動「私たちは息を殺して見守るしかない」三雲さんのコメントに肯く

SMAPの熱心なファンでもメンバーの誰かのファンでもありませんが、毎日のようにその動向が注目され、報道されていると、気になります。マスコミ、政界、スポーツ界、さまざまな方面で「SMAP、解散しないで」と悲鳴のような反響です。 「永遠のアイドル」と冠…

駿台のあるセンター試験の問題集:解答する気をなくさせる例文のいやらしさ

もうすぐセンター試験です。この時期には、センター試験にまつわる記事を書きたくなります。そんな中でこの話題。駿台の問題集の例文があまりに下品です。 大学への進学希望者の中には、すでにAO入試や推薦入試で進路先が確定している人も多く、センター試験…

Mr.サンデーであの不倫騒動の話題。私は離婚届けを「卒論」という隠語でもて遊ぶ感じが嫌。

うーーーーーんと唸りながら、進みつつ戻りつつ論文を書いていたら、なになに!? 離婚届け=卒論? タレントさんにもミュージシャンにも不倫にも離婚にもそうたいして興味はありませんでした。でも、LINEのやりとりがあからさまに出回っていることが気にな…

進化系おみくじの話題

まだ初詣にも行くことができず、生おみくじを引けずにいます。 しかたがないので、占いサイトやYahooのトップページのおみくじを引いて楽しんでいます。すべて運勢が違うのでほっとしています。 たまたまTVをつけたら、全国の面白、進化系おみくじの話題で…

「劣化」という言葉:社会学者のズレてる発言と指原莉乃さんのズレない発言

新年早々言葉に関するちょっと気になっている話題です。 番組を見ていたわけではありませんので、この記事からの情報でしかないのですが、NHKの番組や古館さんの番組や小倉さんの番組で、コメンテーターなどの経験がある古市憲寿さんの今回の言葉におやおや…

1日に届いた年賀状にまじっていた郵便局のチラシは嵐だった!

毎年1日にまじっている郵便局からの「あけましておめでとうござます」というチラシですが、今年は嵐なので、捨てないでとっておきます。おさるさんの耳が一番似合っているのは大野さんでしょうか!? 今日は1月2日。はてなブログの記事から全国津々浦々の…

「ごりごりのアホやったらどないしよう・・・」千原せいじさんの心配。

テレビをつけたら、いきなり ごりごりのアホやったらどないしよう とおもた(思った)と。 すごいな。 テレビからごりごりの関西弁が聞こえてきました。 千原せいじさんが、千原ジュニアさんの奥さまと会う前の心配な気持ちを表した言葉でした。ジュニアさん…

「Qさま!!」で出た漢検準1級、1級レベルの漢字が読めるようになる私のやり方

何気なくつけたTV。「Qさま!!」の今日のテーマは「東大生・京大生がスゴイと思う日本の偉人ベスト40」 日本のトップの大学と言ったら「東大」「京大」。「高学歴」・・・ステレオタイプ的な価値観が番組のコンセプト。未だに「東大生」や「京大生」とい…

「スコップ」と「シャベル」!?関西がスタンダードだったという話題

何気なくつけていたテレビ。「関東で特に通じなかったベスト5を発表」が流れていました。そやな、通じひんこと、いっぱいありすぎて、わからへんな。なんやろな。 第5位はこれ。 「カッターシャツ」と言います。アマゾンで「カッターシャツ」と検索したら…

ラブレターなら400字でいいのに・・・2000字ぐらいの文章に苦しんでます

これぐらいの文字数、ちゃらっと書けて当然という目で見られてきました。求められたらそれに応じてきました。 しかし、意外に2000字は、中途半端です。A4(40×30 1200字)の設定を自分の基本としていますが、両面でぺらっと1枚です。表1200字、裏800字・…

太宰暦!?  9/13の東京新聞のコラム「筆洗」の記事を読んで思ったこと

作家の久世光彦さんには、3つの元号があったことが記事になっています。それは、西暦と元号に加えて「太宰暦」というものです。 作家久世光彦さんは、テレビのプロデューサーとしても、数々のヒット作を世に送り出した方です。1970年代ですので、『寺内貫太…

アフロヘアの朝日新聞編集委員稲垣えみ子さんが、「退社します」

アフロヘアの朝日新聞編集委員、稲垣えみ子さんの最後のコラムです。 人生の後半戦をどう過ごすか 来たるべき死に向かい、閉じていくこと、手放すことを身につけねば このヘアスタイルに注目したのは、この間です。「報道ステーション」で、「節電の女王」な…

太宰治「私を見殺しにしないで下さい」佐藤春夫への芥川賞懇願の手紙

芥川賞に自分の作品を選んでほしいと選考委員に頼んでいたというエピソードは有名な話です。佐藤春夫へも懇願していたと言われていましたが、それを証明する手紙が発見されました。 第1回から芥川賞の候補となりながら、どうしてももらえなかった芥川賞。太…

「月曜から夜ふかし」『チコタン』が頭から離れなくて、眠りが浅くなった・・・

衝撃でした。この児童向けの合唱曲・・・「チコタン」の結末が、とんでもなく予想外で、心が痛みます。以前から話題だったようです。 <a href="http://matome.naver.jp/odai/2137533632603727501" data-mce-href="ht…

短歌の目第6回8月は、「ジャワ」で苦戦しました。

7月、思いつくまま 短歌を作り、初めて投稿させていただきました。拙い短歌を読んでいただきありがとうございました。 8月はどうしようと考えあぐねていましたが、最近なかなかお目に書かれない、お題の「くきやか」という言葉を見て、もう1回チャレンジ…

又吉直樹さんのエッセイが面白すぎて、困った。

「第2図書係補佐」を読みました。 第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/11/23 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 97回 この商品を含むブログ (86件) を見る 家で読んでいた時から、もう声を出して笑…

「ど根性ガエル」第3話、ゴリライモのパン工場の張り紙は社訓か!?

第3話を今日ようやく観ました。気になっていたゴリライモの社歌は、もしかしたら日本で最も有名な社歌になるかもしれません。 <a href="http://matome.naver.jp/odai/2143782896031315601" data-mce-href="http://matome.na…

限定につられてーーエッセイと珈琲と。

又吉直樹さんの著書をまだきちんと読んだことがなかったので、コーヒーも飲むことができるし、エッセイも読めるし、しおりもついてるからさっそく手に入れました。 <a href="https://www.kinokuniya.co.jp/c…

短歌の目第5回に参加してみます。まるっきりの初心者ですが。

生まれて初めて短歌を作りました。ひゃー。「初心者のかたから気軽にご参加ください」というお言葉に甘えて。 <a href="http://tankanome.hateblo.jp/entry/2015/07/01/000000" data-mce-href="http…

"Matcha is a centuries-old Japanese beverage." 「ニュースで英会話」

何も観たい番組がないときは、テレビを消せばええのに、家の中がしーんとなってるのは、結構落ち着かないので、Eテレにチャンネルを合わせます。 たまたま「ニュースで英会話」。何度か、これ、観てるし。そうか、この時間帯、テレビ、しょーもないんや…。 …

今日は言葉がちょっと気になってます。

藤井隆さんの言葉 朝、起き抜けに観ていたフジテレビの「ボクらの時代」。ヒャダインさんと朝井リョウさんと藤井隆さん。3人の中で、藤井さんだけが結婚されています。それで、こんなことを語っていらっしゃました。 奥さん(乙葉さん)の顔が一番好きな顔…

久しぶりに「折々のことば」を読んだ。

ずっとずっと朝日新聞を購読してきましたが、いろいろあったから、半年前からやめました。 朝日新聞DIGITALで、この4月から鷲田清一さんが「折々のことば」を担当されると知り、読んでみました。「アホになれんやつがほんまのアホや(関西での言い伝え)」…

ケンタウロスのような違和感ですって。

関西ローカルTVは面白い。日曜はお昼の番組が思いっきりです。「クギズケ!」を観ていました。 話の流れは、いつしか女性の上下バラバラの下着についての話題。千原ジュニアさんのご意見は、「ケンタウロスのような違和感」 上手く言ったな!ブラジャーとパ…

クロスドミナンスということばに出会った

右利き?左利き?…わからない!? ・ふとしたことがきっかけで、「クロスドミナンス」ということばを知りました。お箸は右手で、はさみは左手みたいな… ・ある時、右手で鉛筆を持って文字を書いていて、間違ったので左手で消しゴムを持ってゴシゴシとしてい…

「仕事の一環で踊っています」~姫野カオルコ氏の一言~

直木賞受賞会見でのことば ・面白い、面白い、面白い!。受賞会見でのジャージ姿や受賞の喜びについて、関西人の根を感じさせる一言一言が「うまいなあ~」と笑かしてくれはります。ジムのあとに創作意欲が湧くらしいことは、何となくわかりますが、「踊る」…

「愛を強いる支配」というこわい見出し

論壇時評:朝日新聞 2013年12月19日 ・朝日新聞を購読している理由は、大学入試の小論文のネタ探しと、「天声人語」が出題されることがあったからで、それが教師を辞めた今もただ続いているだけですが、時々驚くことばに出会ってしまいます。 ・今日も、何だ…

三つのコショク 孤食・固食・小食

Mr.サンデーで紹介されてた100円朝食 ・立命館大学BKCで、学食で朝定食が100円で提供されているという話題です。開始されてからすぐにネットにも登場していました。 ・朝食の安さ、ボリュームに驚きましたが、大学生が食費をけずらなければならない状…

人とのつながりの「輪」を感じた1年:日本漢字能力検定協会

今年の漢字は「輪」 ・協会が「ー『輪(リン/わ)』が表す2013年とはー」について、3つほど説明をしています。http://www.kanken.or.jp/kanji2013/common/data/release_kanji2013.pdf その一つが、人との「つながり」……「つながり」、「つながり」、「つな…

いい字一字、今年の漢字は?

今日は「今年の漢字」発表の日 ・毎年恒例になりました。日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」です。協会のゴタゴタも今は昔で、これはこれで一年の締めくくりのイベントとしては流行語大賞と同じく、楽しみです。 ・漢字も流行語も、第3者に損得や利害関…

流行語大賞候補:さとり世代

12月2日(月)に発表される流行語大賞は ・今年の候補50語のうち、知っていたのは34語でした。兎に角、「じぇじぇじぇ」、「おもてなし」、「倍返し」、「今でしょ」はよくよく聞きました。個人的には、硬派な「ダイオウイカ」が、人々のハートを掴んで…

昔の『ライバル』 勝ったのはどっち?

北野天満宮にて 菅原道真は学問の神様。漢籍、和歌なんでもOK。百人一首に菅家の歌も選ばれています。その関係でしょうか、境内の一角に寄贈された三十六歌仙の肖像画が飾ってありました。 三十六歌仙 左:平 兼盛 右:壬生忠見 この二人は、天徳四年の「内…

想像は生きる力

『ゼツメツ少年』 ・今日、王様のブランチを見ていたら、「イチオシ!Bookmark」で重松清さんの「ゼツメツ少年」が紹介されていました。 ゼツメツ少年 作者: 重松清 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/09/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見…

若者の能力を引き出せ

秋の夜長は読書とブログ ・10月1日(火)Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」を初めて見ました。 テーマは「若者の能力を引き出せ」だったのですが、なんとお手本は「夏目漱石」先生。 <知恵一>孤独な若者のタイプには → 指導者ではなく理解者であれ 漱石…