ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

若者

流行語大賞候補:さとり世代

12月2日(月)に発表される流行語大賞は ・今年の候補50語のうち、知っていたのは34語でした。兎に角、「じぇじぇじぇ」、「おもてなし」、「倍返し」、「今でしょ」はよくよく聞きました。個人的には、硬派な「ダイオウイカ」が、人々のハートを掴んで…

『今の20代は幸せだと思いますか? はい・いいえ』

朝日新聞 socialA (10月18日)より 「まわりとあまり深い話はしない」(21歳・女性) 「友人が『自分探し』をしている時は痛いと思う」(24歳・女性) 「ツイッターでのかまってちゃんアピールは痛い」(19歳・女性) 「地元を愛してる」(22歳・男性) 「…

結婚の自由化の行き詰まり

「平成25年度厚生労働白書ー若者の意識を探るー」 厚生労働白書 平成25年版 作者: 厚生労働省 出版社/メーカー: 日経印刷 発売日: 2013/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ・新聞のテレビ欄を見ていたら、「NHK週刊ニュース深読み▽恋愛戦…

「ゆとり世代」とつい言ってしまうこと

「棒」「帽」 ・「棒」という漢字、意外と間違って覚えている人が多いのです。右側の中の、「二」に「I」を「十」にしてしまったり、「帽」の右側を「日」二つにしたり…

若者の能力を引き出せ 2

Eテレ「知恵泉」 ・先週に引き続いて、いかにして夏目漱石が、若者の能力を見抜き、その能力を開花させたかがテーマでした。今日のキーワードは「見抜く力」。 ーー理想を追い求める完璧主義者タイプは「絶えず挑戦させ続けろ」 ーープライドの高い天才タイ…

大学は出たけれど

大学は出たけれど(短縮版) その一 - YouTube 新世代が解く! ニッポンのジレンマ ”救国”の大学論 ・9月29日(日)0時から放送のEテレの番組です。録画をしておいたので、10月になってから何度か見ました。 ・国語の授業で、LHRで、あるいは大学入試…

若者の能力を引き出せ

秋の夜長は読書とブログ ・10月1日(火)Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」を初めて見ました。 テーマは「若者の能力を引き出せ」だったのですが、なんとお手本は「夏目漱石」先生。 <知恵一>孤独な若者のタイプには → 指導者ではなく理解者であれ 漱石…