読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

井伏鱒二『山椒魚』:私は「蛙」だった。

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 「人生の一冊」は夏目漱石の『こころ』。「青春の一冊」は、、、高校時代がよみがえる井伏鱒二の『山椒魚』だ。 国語の教科書で読んだ経験のある方も多いだろう。私がこの作品に出会ったのは中学生の時。「山椒魚…

「NEWS ZERO 」又吉直樹さん、登場してましたね。

宮城県石巻市の雄勝中学校で行った又吉直樹さんの特別授業の様子をTVで観ました。 震災から5年。図書館がなく、本来ならば、中学校に6000冊ぐらいあってもよいはずの本の数は、現在2000冊ぐらいだそうです。蔵書数が少ないと、読みたい本、読みたくなる本…

小保方晴子さんの『あの日』を読もうかどうしようかためらっています。

じっと息をひそめてほとぼりが冷めるのを待つということは考えなかったのか。 研究者としての道は本当に閉ざされてしまったのか。 一体、何が起こっていたのか。 すでにいくつかのブログでその感想が記され、TVでも紹介されている。 「書き出しに掴まれる…

羽田圭介さんと又吉直樹さんに関する記事がよく読まれているようです

トピック「マイベストエントリー」について スマホ版「はてなブログ」にある自分のブログの注目記事を見ると、安定して1番になっているのはこれでした。 年末もバラエティに引っ張りだこで、ユニークな発言にちょっと引くこともありますが、妙にテレビ慣れ…

生まれる瞬間の記憶って!?『誕生を記憶する子どもたち』

今週のお題「一番古い記憶」 一番古い記憶・・・このお題を見て、『誕生を記憶する子どもたち』という本を思い出しました。 誕生を記憶する子どもたち 作者: デーヴィッドチェンバレン,David Chamberlain,デーヴィッドチェンバレン,片山陽子 出版社/メーカー…

京都丸善に『檸檬』を置きに行きたくなった・・・

2005年に閉店した京都河原町にあった丸善が、京都BALビルのB1、B2に再オープンしました。 【8月21日】丸善 京都本店 グランドオープン|新着情報詳細 |丸善&ジュンク堂ネットストア 丸善と言えば『檸檬』。梶井基次郎の『檸檬』は、大正14年初出。そのころ…

読書感想文に書く本をこれから読む人のために、私が選ぶ11冊の文庫本。

全国的に学校(小中高)の夏休みが8月末までだったのは、学校が週6日だったころのことです。はやいところでは、8月の第4週の月曜日から新学期が始まる学校もあります。夏休みの宿題、残っているものに追われる毎日が続いているかもしれません。 この夏2回…

又吉直樹さんのエッセイが面白すぎて、困った。

「第2図書係補佐」を読みました。 第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/11/23 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 97回 この商品を含むブログ (86件) を見る 家で読んでいた時から、もう声を出して笑…

北村薫著 絵おーなり由子「月の砂漠をさばさばと」を読んでみました。

又吉直樹さんがメディアで紹介した本は、どこの書店でも、軒並み店頭在庫がなくなってきているようです。「NEWS ZERO」やそれ以前から、お薦めとして名前のあがっていた「月の砂漠をさばさばと」も入手が難しくなっていました。又吉さんの「火花」は、先週初…

「NEWS ZERO」又吉直樹さんが学生に薦める3冊

偶然、つけたテレビで、いきなり又吉さんの顔が映ってびっくり。今日のニュースを知りたくってつけたけど、又吉さんの話題は尽きないのか、このところ、毎日何かしらメディアに登場です。 番組で、又吉さんが紹介した本です。 まず、中学生に。 月の砂漠をさ…

羽田圭介著「黒冷水」(こくれいすい)を読んでみました。

受賞作の「スクラップ・アンド・ビルド」が収められている文學会3月号は、入手困難です。高値がついています。今すぐ読むことは難しいので、8月6日に単行本発売予定ですので、それまで待ちます。 芥川賞候補となっていた作品にも著者にも注目をしたことは…

芥川賞動画生中継の記者会見で、書き手の思いが伝わって本を読みたくなった。

<span style="color: rgb(0, 0, 0);" data-mce-style="color: #000000;">&…

第153回芥川賞、又吉直樹さん「火花」はどうなった!?おめでとう!!!

午後6時台は、各TV局の多くがニュース番組です。芥川賞の発表は何時?番組内で発表の中継や結果発表があるかもしれません。 でも、今日は台風が接近。まずは、中継です。それに、新国立競技場の建設を巡って、ザハ氏のコンペ審査委員長を務めた安藤忠雄さ…

想像は生きる力

『ゼツメツ少年』 ・今日、王様のブランチを見ていたら、「イチオシ!Bookmark」で重松清さんの「ゼツメツ少年」が紹介されていました。 ゼツメツ少年 作者: 重松清 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/09/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見…

若者の能力を引き出せ

秋の夜長は読書とブログ ・10月1日(火)Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」を初めて見ました。 テーマは「若者の能力を引き出せ」だったのですが、なんとお手本は「夏目漱石」先生。 <知恵一>孤独な若者のタイプには → 指導者ではなく理解者であれ 漱石…