読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

お題

ああ、お出かけしたい!!!

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 事情があって、どこにも出かけられない。まったくどこにも行かない。 今年のゴールデンウィークは、しなくちゃならないことがある。それがわかっているからはじめから計画も立てていない。 しかし、気晴らしにつけたT…

井伏鱒二『山椒魚』:私は「蛙」だった。

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 「人生の一冊」は夏目漱石の『こころ』。「青春の一冊」は、、、高校時代がよみがえる井伏鱒二の『山椒魚』だ。 国語の教科書で読んだ経験のある方も多いだろう。私がこの作品に出会ったのは中学生の時。「山椒魚…

関東で関西弁を話すと・・・

今週のお題「方言」 得だなって思います。 1、研究室の外国人留学生がおしゃべりするのが楽しいと言ってくれて、関西弁でコミュニケーションをとりながら、盛り上がることができます。 2、お店に行くと、たいてい「あっ、関西?京都の方ですか? いいです…

雪が積もって、ふと真面目に思ったこと。

お題「雪」 お題スロットを試してみました。 雪が降って、外は寒くて、こんな日に学校じゃなくってよかったと心底思いました。(非常勤で行っている大学の授業日ではなかったので) てっきり近くの小中学校も休校になっているとばかり思っていましたが、ちょ…

今週のお題「今年こそは」

まだ、初詣に行けず、今年の誓いができておりません。「今年こそは」と思うところはありますので、つらつら書き上げてみます。 北陸新幹線に乗りたい。痩せたい。部屋の模様替えをしたい。 簡単にできそうなことですが、昨年はできませんでした。いつでもで…

4年間はあっという間でした。

「4年間で変わったこと、変わらないこと」はてなブログは4周年! この4年間で変わったことは □仕事を辞めたこと やはり退職したことです。2012年3月末で博士後期課程で研究をするために公立高校の教師を辞めました。このブログにも何度か記事にしました。こ…

夜、寒くなってきました。湯たんぽ、愛用しています。

〈今週のお題〉「愛用しているもの」 11月になってから、湯たんぽを使っています。普通サイズ2個、小1個、計3個を所有しています。 湯たんぽ歴は、6年ぐらいです。 夜、寝る1時間ぐらい前に、普通サイズ1個をベッドにもぐりこませます。 ポリ製湯た…

生まれる瞬間の記憶って!?『誕生を記憶する子どもたち』

今週のお題「一番古い記憶」 一番古い記憶・・・このお題を見て、『誕生を記憶する子どもたち』という本を思い出しました。 誕生を記憶する子どもたち 作者: デーヴィッドチェンバレン,David Chamberlain,デーヴィッドチェンバレン,片山陽子 出版社/メーカー…

次、何を読むか。国語のサブテキスト「国語便覧(要覧・図説)」で探すのもいいかも。

今週のお題「読書の夏」 まだまだ又吉さんの話題が続いています。最近は、売上数や印税の額など、「どれくらい儲かるのか」ということが、興味の中心になっています。 さらに、もう一人の芥川賞受賞の羽田圭介さんも、又吉さんの余波なのか、バラエティーに…

この夏、何度も何度も購入している食料品3つ

今週のお題「夏の食事」、とっくに終わっていたのですね。食事とは言えませんが、とにかく、この夏、飽きずに何度でも購入している食料品を3つ、挙げてみます。 1. 伊藤園 充実野菜 国産100% 伊藤園 充実野菜 国産100% 旬の野菜 (紙パック) 200ml×24本 出…

これだけは我慢できないこともある。野球、どこのファンかは大事です。

今週のお題「ゾクッとする話」 関西人なのに、Gファン。生まれたときから、Gファン。 これが、関西人にとって、どれだけリスキーなことか、容易に想像していただけるだろうと思います。 もうずいぶん前の出来事です。その頃、一人でも立ち寄ることができる、…

歴史のある所や学校には…怖い話はつきものです。

今週のお題「ゾクッとする話」 今でもはっきり覚えているちょっとだけ!?不思議な話を3つほど…。 その1 大学4回生の時、友人たちとの小旅行で。 視聴率で苦戦が伝えられている大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台です。松下村塾を見学して、夏みかんジュースで喉…

アジアが好きだから。

今週のお題「海外旅行」 これまでに観光で出かけたアジアの国の中、中国、タイで頭にふっと浮かぶ場所は…… 中国 オリンピック前に行ったので、まだ観光地として有名な胡同地区が残っていました。ツアーで行ったのではなく、中国にいる日本人の知り合いと北京…

若者の能力を引き出せ

秋の夜長は読書とブログ ・10月1日(火)Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」を初めて見ました。 テーマは「若者の能力を引き出せ」だったのですが、なんとお手本は「夏目漱石」先生。 <知恵一>孤独な若者のタイプには → 指導者ではなく理解者であれ 漱石…