読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとナオ帳

なんだかまた書きたくなりました。それだけです。

『真田丸』総集編:良かった、兎に角良かった!

「おのおの方、ぬかりなく」・・・ネットで話題になっていました。私も総集編の録画の準備をぬかりなくしました。

 

そして、今日。用事もあったのですが、結局第1章から最後までずっと見入ってしまいました。

 

飽きることはありません。ストーリーに無駄や矛盾を感じるところが全くありませんでした。記憶に残る名台詞や名場面もばっちり。(「口吸い」は、やはりかなり刺激的な言葉でしたが)全編のところどころがよみがえります。

 

個人的に再びずしんときたのは、北条氏政切腹シーンです。その誇り高さゆえに北条氏滅亡に進んでいく氏政に、他に方法はなかったのだという痛切な思いを感じます。

 

役者さんで気になったのは、かつて大河ドラマ天地人』の主人公にもなった直江兼続、その役の村上新吾さんです。「斬り捨てますか」・・・常にクールで有能な上杉家重臣を演じていました。No.2の立ち位置として、この冷静さがぴったりの眼差しがかえって魅了的でした。

 

そしてもう一人。本多正信役の近藤正臣さん。というより本多正信近藤正臣です。本編の最終回、自分の領地に信之を案内しているシーンでは、策士として描かれていた正信が、民に信頼されているいい領主として表されていました。残された者がなすべきことを正信が示唆した、未来を感じることができるラストは、信繁の死も暗示され、明るさと哀しさが入り混じって余韻が残りました。

 

近藤正臣さんは若かりし頃、大河ドラマ『黄金の日々』で石田三成を演じていました。

 


Recollections - 06

 

お顔があまりにも整っていらっしゃいます。素敵です。

 

真田丸』総集編はコンパクトにもかかわらず、もれなく見どころ満載でした。

 

 

 

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)